発音

中国語発音を最短で習得するための「4つの戦略」

大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter)

中国語勉強は順調ですか?

youtubeの中国語勉強用動画やアプリを見て、勉強した気になってませんか?

実は僕が当初、そんな感じでした笑

たくさんあるテキストやアプリ、youtube、PCサイトなど、どれに手をつてれば一番早く効率的に中国語が喋れる様になるんだろう?と悶々とした日々を過ごした経験があります。

本記事では、中国語の最重要課題である「発音」に関し、初心者の方が最短で習得できるための4つの戦略をまとめました。

僕と嫁氏が実際に発音習得のために経験してきた内容をまとめています。

発音習得のため、

  • 「何したらいいか分からない?」
  • 「今のやり方が正しいか分からない?」
  • 「とりあえず適当なテキストに沿って勉強してる」

このようなに思っている方は、ぜひご参考ください。

あなたの中国語発音習得に必ずお役に立てると思います!

中国語の発音を最短で習得するため、初心者がやるべき4つの戦略をまとめました。

中国語初心者の方、発音勉強方法に自信のない方はぜひ活用して下さい。

中国語「発音」に特化した勉強時間の確保

中国語は発音が命!最重点課題です。

先ずはその最重点課題である「中国語の発音」を習得するのに、どれくらいの時間を割けばいいのか?どれくらいの時間を確保しなければならないのか?に関してです。

結論から言うと、

最低1ヶ月

もちろん個人差はありますし、1日の勉強時間、取り組み度合い、勉強場所などによっても期間は変わってくるでしょう。

僕が考える「最低1ヶ月」の条件はこちら。

  • 1日1時間以上の勉強時間確保
  • 毎日やる
  • 机に座り勉強 (すき間時間は除く)
  • 日本で勉強  (留学していない)

平たく言うと、「毎日1時間集中して1ヶ月間は発音勉強をしよう」です。

「長い?無理!」と思いましたか?

しかし、何度も言いますが中国語の命は発音です。

それだけ重要なので、先ずは「覚悟を持つ」「時間を確保する」ということを心掛けて下さい。
このマインドセットが先ずは重要です。

1日の発音勉強時間が短いと、発音の基礎音声が入ってくる時間が短く、耳に入ってきただけですぐに忘れてしまいます。

大切なのは、今まで知らなかった発音を正しく習得・習慣化し、自分のモノとする事です。

それには、毎日一定量の正しい発音に触れる時間が必要です。そして、それをクセづけるためには、毎日継続するのが重要です。

僕も当初、発音に自信がなく後から勉強したらいいや的に思っていました。

しかし、周りの中国語上級者の方々は、「最初にキッチリやっとけ!」「後から修正するのは困難だ!」とみな口を揃えてアドバイスをくれたのです。

その上級者の一人の方が「最初に発音勉強怠るとあんなんなるよ・・・」と言い、すでに2年間中国語を勉強していた一人の男性をチラッと見ました。

当時初心者の僕でも、あまり発音が良くなさそうだなーと思っていたその男性は、中国人の先生に発音を矯正され大変苦労されていたのを強く覚えています。

基礎は大切!

この1ヶ月を乗り越えると後の中国語の習得度合いが全然変わってきます!

僕も嫁氏もこの最初の発音勉強を徹底していたからこそ、今では中国人にも発音を褒められるように上達しました。

僕は仕事でも使え、嫁氏はスピーチコンテストでも素晴らしい成績を残しています。

逆にこれを疎かにしている人は、「中国語のカタカナ読み」と言われ、中国人から何言ってるか聞き取ってもらえません。“中国語ヘタ”の烙印が押されてしまいます。

中国語の発音は日本語にない発音が多数あります。

そのため、頭でわかっていても口がうまく形取れなかったり、舌の位置がおかしかったりして、結果うまく発音できないことが多いです。

最初の1ヶ月は中国語発音の筋トレだと思って、発音勉強専用の時間を確保しましょう!

・中国語「発音」に特化した勉強時間を必ず確保する。
・勉強時間は1日1時間を確保。
・毎日1ヶ月は継続。
・これを疎かにすると後からの修正が困難。

中国語「発音構成」の全体感を理解する

中国語の発音って、なんでそんなに難しいのでしょうか?

難しいのには当然理由があります。

「日本語に無い発音が多い」「声調(四声)がある」「一音節・二音節の単語が多い」などがよく言われてますよね。

これら中国語の発音が難しい理由はまさにその通りなのですが、僕はこれらをもう少し噛み砕いて理解することを強くオススメします。

「中国語を喋れるようになる」という最終目標に向けて、発音を勉強するにあたり、今どの発音を勉強しているのか?という全体感を持った方が、モチベーションも上がります。

闇雲に音声を聞きながら音読しても、勉強した気にはなるけど、本当の意味での理解が甘く発音の習得度は高くないです。

また、「発音構成」の全体感を持つことで、自分の苦手な発音がどこなのか?が明確にわかるようにもなります。

では、中国語の発音をマスター・習得するまでの「中国語の発音構成」はどうなっているのか?というのを見てみます。

【中国語発音構成の全体感】

僕たちの目的の一つとして、中国語を話す(中国語の文節を読む)となります。
(上の表の一番右側)

中国語を読むには、単語を読む必要があり、それには漢字を読む必要があります。

そして、漢字を読むには、漢字の発音を構成している「四声」「子音」「母音」をしっかりと身につけなければなりません。

自分が読もう・話そうとしている発音は、「四声」「子音」「母音」として、どう分解されているのか?という点を頭に入れておくと、発音の習得度は加速度的に上がります。

一つ例を見てみましょう!

僕が冒頭使った「大家好!」(皆さんこんにちは)と話したい時とします。

  • 最初の単語「大家(皆さん)」を発音
  • そのうちの漢字「大()」を発音
  • 「子音(d)」「単母音(a)」「四声(第四声)」の発音が必要

逆説的に見るとこんな感じです。

これが「中国語の発音構成」=「全体マップ」です。

そして、皆さんが発音を勉強しなければならない理由となります。

「四声」「子音」「母音」とは何なのか?なぜそれぞれの発音勉強が必要なのか?

ただ闇雲に聞いて発音勉強するよりも、ここを論理的に捉えておくことで、「あーそういうことか」「そのために必要なのか」という理解が深まり、脳と体への定着度が増します。

こう見ると「複雑!」「1つの漢字でこれかよ・・」「分かんない・・」と思われるかもしれません。

もちろん全ての漢字をいちいち分解して理解する必要はないので、最初の「全体マップ」として、こういう捉え方をしておくことを強くオススメします。

「全体マップ」を持っておくと、のちに分からなかったり、できなかった事が、何かと何かが合わさり突然理解できるようになったりするものです!

この「全体マップ」に関しては、発音の参考書として有名な「紹文周の中国語発音完全マスター」にも記載されています。

紹文周の中国語発音完全マスターのレビュー記事はこちらをご参考ください。

中国語発音の参考書【改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター】レビュー大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter) 「中国語は発音が全て」と言われているほど、中国語を習得する上で発音は...

・発音勉強は闇雲に音声を聞くだけの勉強はしない。
・中国語発音構成を理解する。
・「四声」「子音」「母音」の役割を理解する。

発音のネイティブチェック

難しい中国語の発音を最短で習得するために、中国人ネイティブにチェックしてもらうのは必要不可欠です。

独学でCDや動画を聞きながら身につけようとする人もいますが、僕はオススメしません。

それだけ中国語の発音は難しく、微妙な違いが多数あります。

例えば、「an」と「ang」は「アン」、「zhi」と「ji」は「ジ」、「xiang」と「shang」は「シャン」などなど、同じような発音がたくさんです。

発音のテキストや動画では、その違いやコツが事細かに紹介されています。

特に動画は口の動きなども事細かに紹介されてるので満足してしまう人も多いでしょう。まったく便利な世の中です。

しかし、インプットが良くても、完璧なアウトプットができているかは自分では分かりません。

自分で完璧だと思っていても、「本当に正しいか?」は自分でジャッジできないのです。

もし、その発音が間違っていた場合、あなたの悪いクセとなってしまい、途中から修正するのもまた一苦労です。

そのため、発音の勉強時期はネイティブにチェックしてもらう機会を必ず作ってください!

出来るだけ、中国語学校に行くことをオススメします。

やはり面と向かいながら中国人ネイティブの発音を聞き、そしてすぐさま自分で真似て発音してみることで、発音の正確さが身につくからです。

「正しい発音を聞く」→「その場で真似る」→「その場でチェック」→「修正・改善」というサイクルを繰り返していく事で、正しい発音を身につけていきます。

また、リアルな学校だと中国語の発音を習得する上で難しいとされている「口の形」「舌の位置」というポイントもより事細かに教えてもらう事ができます。

中国語の単母音がうまくなるためのコツは口の形にあり!大家好!チュウコツ(@chukotsu_twitter)です。 僕が中国語勉強を始めて、一番最初の壁にぶつかったのが「単母音」の発...

それに、日本人の発音のクセや、苦手箇所をよく知っている中国人教師が多数なので、発音のコツを掴めやすいと思います。

今ではオンライン中国語講座も多数あり、ネットでの受講も安く簡単にできます。

【2020年最新!】中国語オンラインスクールをユーザー目線で徹底比較してみた!大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter) 中国語を勉強しているなら、オンライン中国語スクールの活用が超おすすめ...

リアルの学校へ行くことが難しい人は、オンライン中国語スクールの活用も選択肢の一つとして検討してみてください。

「中国語の発音を最短で習得する」ためには、中国人ネイティブがいる中国語学校・オンライン中国語スクールを活用して頂きたいです。

独学だけでやるのだけはオススメしません!

・中国人による発音チェックは必須。
・極力、中国語学校を活用。
・難しい人はオンライン中国語を活用。
・発音の独学はダメ!

音読・録音・改善の繰り返し

発音の時間確保、発音構成の理解、ネイティブチェックの確保ができるようになり、いざ発音勉強を進めていくとなると、どうやって進めていったらいいのか?

発音に特化した参考書であれば、ゼロから始める人向けに順序立てて、「四声」「子音」「母音」を説明してくれています。

おすすめ発音参考書はこちら

中国語発音の参考書【改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター】レビュー

中国語発音の参考書【中国語発音の基礎】レビュー

中国語発音の参考書【中国語発音マスター】レビュー

中国語発音の参考書【日本人のための 中国語発音完全教本】レビュー

 

発音のポイントを読み、音声を聞き、自分でも発音練習していくかと思いますが、僕がオススメしたい方法は「音読」と「録音」です。

音読

正しい音声を聞いた後は、実際に自分で声を出して真似てみましょう。

ポイントは、「漢字とピンインを見ながら」「声を大きく」「ハッキリ」と音読!

難しいことは言いません、先ずはこの3点を意識して音読練習を心がけてみて下さい。

最初のうちは、漢字とピンインを見ながら音読することが大切です。

なぜなら、先ずは「見て・聞いて・発して」音読することで、ピンインと四声を暗記する必要があるからです。これが一番効率的なのです!

最初のうちは、机に座り参考書を見ながら、音声を聞いて音読して下さい。

録音

ほとんどの人が恥ずかしくて避けている「録音」

だからこそ最初の発音勉強時から取り入れて頂きたい。

「今の自分のレベル(現状)」→「ネイティブ音声(目標)」

発音勉強を進めていく中で、現状と目標のギャップを埋めていくには、先ずは自分の現状(実力)を理解しておく必要があります。

自分が正しいと思いながら発声した発音を客観的に聞くことは難しいものです。

そのためにも、上で挙げた「ネイティブチェック」と、「録音」機能をうまく使いましょう。

自分で思ってた以上に「え!めっちゃ変www」と聞こえるかもしれません。そしてとても恥ずかしくて意気消沈してしまうかもしれません。

当たり前ですよ、始めたばかりなのだから!

重要なのは、それをどう活かすかです。

母音の「e」が苦手、鼻母音の「n」と「ng」が区別できてない、四声の「第二声」が上がってない。。。などなど これは僕の当初の経験談です笑

これらを知ることができたら、再度ポイントを見直したり、動画を見たりしながら、改善することができます。

そしたら、また音読の練習をし、録音とこれの繰り返しですね。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、やってくうちに慣れて、今後の中国語勉強においても必要不可欠なツールになると思います。

・音声を聞き流すだけではダメ。
・音読は声を大きく、ハッキリと。
・録音機能を使い、自分の苦手箇所を把握。
・苦手箇所を改善し、再度音読を繰り返す。

まとめ

いかがでしたか?

だいぶシンプルにまとめてみました。

中国語初心者の方、発音勉強方法に自信のない方に、ぜひ参考にして頂きたいです。

僕も嫁氏もこの内容に沿って、あとはひたすら勉強しただけで発音勉強はクリアーできました。

発音の勉強方法、進め方やオススメ参考書などはまた別途記事でまとめたいと思います。

最後にもう一度まとめさせて頂きます。

・中国語は発音が命!

・最初の1ヶ月は発音勉強の時間を確保しよう!

・闇雲にやるのでなく、全体構成を理解しよう!

・ネイティブの力を借りよう!

・音読、録音を効率的に使おう!

それではまた、
再見!

ツイッター情報!

ツイッターでは、「使えそうな中国語単語やフレーズ」「中国語のおすすめ勉強方法を中心につぶやいています。

よければ、いや!よくなくてもフォローお願いします!

チュウコツ(@chukotsu_twitter)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です