発音

中国語の単母音がうまくなるためのコツは口の形にあり!

大家好!チュウコツ(@chukotsu_twitter)です。

僕が中国語勉強を始めて、一番最初の壁にぶつかったのが「単母音」の発音でした。

単母音のマスターは、中国語を話せるようになる上で必須です!

【中国語をマスターするまでの手順】

中国語の参考書を開いて、一番最初に出てくるのが「単母音」の練習です。

単母音「a・o・e・i・u・ü」

単母音をきれいに発音できますか?

「カタカナ読みで何となく理解してるけど、正しいか自信がない」

「アルファベット標記で何となく覚えている」などと、中途半端な定着度合いになっていませんか?

冒頭で触れたように、単母音は中国語発音の基礎、重要な土台としての役割を果たしています。

中国語をきれいに喋れるようになる上で、単母音のマスターは必須なのです。

実は、単母音はあるコツを使うことで、グッと発音がきれいになります!

この記事ではそんな単母音のコツに関してまとめました。

単母音の発音ポイント

単母音「a・o・e・i・u・ü」は、これらアルファベットからも、カタカナ読みでいけそうに思えます。

単母音に限っていうと、カタカナを参考にするのはokです!(あくまで参考程度として)

発音参考書の中にも、単母音の説明には必ずカタカナが用いられています。

参照:日本人のための 中国語発音完全教本

こちらの参考書の中でも、単母音「a」は①「口を大きく開ける」 ②「そのまま大きな口で“アー”と発音」と、説明されています。

この単母音「a」くらいなら、この説明でいいかもしれませんね。

しかし、その他単母音はそう簡単ではないです(>_<)

試しに単母音「e」を見てみます。

単母音「e」のポイントは「エ」と「オ」の中間

うーん、、、(´∀`)

詳細を見ても、カタカナの「エ」「オー」「ア」と3種類も出てきて混乱する・・。

  1. 日本語の「エ」の口の形を作り、首筋に力を入れる。
  2. そのまま「オー」と発音。
  3. 力をゆるめる。すると、日本語の「ア」に近くなる。

発音をマスターしている人からしたら、この説明を見ても「あー、なるほどねー」と理解することができますが、初心者の方がいきなりこの説明を見ても混乱する人が多いと思います。

僕は正直、この「e」にはかなり苦労しました・・・( ;゚Д゚)

では、僕はどんな点に気をつけてこの単母音をマスターしたのでしょうか?

そのポイントは3つあります

単母音発音のポイント

■口(唇)の形。
■口(唇)の開き・大きさ。
■発音中は口の形を変えない。

この3つを意識したことで、単母音の発音のコツをつかめました。

発音の正しいフォームをつかめた感じです

このポイントを意識しながら、発音練習を続けたことで、中国人からも「発音良くなった」「発音きれい」と言われるようにもなったのです。

それでは、そのポイントを踏まえながら詳しく見ていきます。

単母音「u・o・ü」は“丸める”

見るからに、丸い感じのこの3母音「u・o・ü」が出てきたら、口をすぼめて丸めることを先ずは意識してみましょう!

口の丸め方はそれぞれ若干違いますが、共通して唇の中心に力を入れながら、口を丸くすぼめる!と言うことを意識してください。

単母音uの唇の形
単母音oの唇の形
単母音üの唇の形

共通して口を丸くすぼめる!を意識し、次にそれぞれ口(唇)の開き・大きさの違いでフォームを形成します

また、単母音はこの唇の形を変えずに(固定する)、発音するのがポイントです。

あとは、下にある該当のカタカナを発声するだけで、OKです!!

口を丸めた後に発声する音
母音u 発声する音声「ウー」
母音o 発声する音声「オー」
母音ü 発声する音声「イー」

それぞれの口を丸くした形にして、対象のカタカナを発音していきます。

「丸くした口の形・開く大きさ」と「発音するカタカナ」がわかったら、実際のネイティブ音声を聞き、音読を繰り返します。

その際、自分の発音が正しいか・ネイティブ発音と比較してズレていないか?確認するためにも、スマホで録音してみるのも一つの手段です

録音勉強法に関してはこちらの記事にて。

最短で中国語発音をマスターする勉強方法!【録音勉強法】大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter) 中国語は発音が超むずかしくて、苦戦しますよね・・・。 その超む...

 

とにかく、正しいフォームがわかったらあとは発音練習を繰り返すだけです!

単母音u
(wū wú wǔ wùの順で音声が流れます)
※単母音uのみで音節をなす時は「wu」と表記します。


 

単母音o
(ō ó ǒ òの順で音声が流れます)

 

単母音ü
(yū yú yǔ yùの順で音声が流れます)
※単母音üが単独で音節をなす時は「yu」と表記されます。

単母音「i・e」は“引く”

「i・e」が出てきたら、口を左右横に引くことを徹底的に意識して下さい。

日本語の「イ」よりも更に横に引く感じで、子供が「イーっだ」と言うような時くらい、横に引くことを意識してみて下さい。

鏡などで、発声した時の口の形をしっかりとチェックしてみましょう。

「イーっ」と横に引けているようであれば、その時に自分の指を横に引いた箇所(図の赤矢印箇所)に置いてみて、引けている感覚を掴んで下さい。

横に引く度合いは「i」よりも「e」の方が更に横に引く力を強めます。

「i」と「e」の口の形を見てみましょう。

単母音iの唇の形
単母音eの唇の形

 

このフォームができたらあとは、下にある該当のカタカナを発声するだけで、OKです!!

口を横に引いた後に発声する音

母音i 発声する音声「イー」

母音e 発声する音声「ウー」

 

ここまでの「フォーム」と「発声音(カタカナ)」が分かったら、発音練習を繰り返しましょう!

 

単母音i
(yī yí yǐ yìの順で音声が流れます)
※単母音iが単独で音節をなす時は「yi」と表記されます。

 

単母音e
(ē é ě èの順で音声が流れます)

発音のおすすめ参考書

発音の基礎である単母音ですが、参考書によってその説明方法も違います。

その中で、僕は2つの参考書をおすすめします。

その理由として単母音の発音ポイントとしてあげた下記3点がわかりやすく説明されているからです。

単母音発音のポイント

■口(唇)の形。
■口(唇)の開き・大きさ。
■発音中は口の形を変えない。

口(唇)の画像やイラストをうまく使い説明してくれています。

紹文周の中国語発音完全マスター

発音参考書でも人気の「紹文周の中国語発音完全マスター」です。

参考書は「画像」と「イラスト」を中心に、必要最低限の文字でとても分かりやすく説明してくれています

また、CD音声のピンイン発音の量が多いのも、初心者には嬉しいポイントです!

詳しくは、こちらの記事をご参考ください。

中国語発音の参考書【改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター】レビュー大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter) 「中国語は発音が全て」と言われているほど、中国語を習得する上で発音は...

日本人のための 中国語発音完全教本

発音参考書の中でも比較的新しい「日本人のための 中国語発音完全教本」

こちらも「画像」と「イラスト」を使い、ポイントをわかりやすく説明してくれています。

この参考書は更に「動画(YouTube)」と連動して、発音解説が行われています

動画があることで、より詳しい「口の形」「口の開き・大きさ」「発声する音」を確認することができます。

詳しくは、こちらの記事をご参考ください。

中国語発音の参考書【日本人のための 中国語発音完全教本】レビュー大家好!チュウコツ(@chukotsu_twitter)です。 中国語の発音に関する参考書はこれまで僕は何冊も見てきましたが、本記...

単母音の発音 まとめ

単母音のコツはつかめましたか?

最後にもう一度!

単母音発音のポイント

■口(唇)の形。
■口(唇)の開き・大きさ。
■発音中は口の形を変えない。

口の形

「u・o・ü」口をすぼめて丸めることを先ずは意識する!

「i・e」口を横に引いて・左右に引っ張ることを先ずは意識する!

 

単母音は「舌の位置が・・・」「少し隙間を開けて・・・」「喉に力を入れて・・・」など複雑なことを気にする必要はありません

僕は当初そのような教えから、うまく発音することが出来ませんでした。

それよりも、上記で挙げたポイント(口の形を丸く!横に引く!)を意識しながら、動画やCDを使いながらの音読練習を繰り返したことで、きれいな発音を身につけることが出来ました。

初心者の方で、長く複雑な発音ポイントが全然わからん!コツがイマイチ掴めない!と言う方がいましたら、ぜひこの内容を実践してみて下さい。

この内容があなたの中国語学習のお役に立てたらとても嬉しいです。

 

それではまた
那我们下期再见!

ツイッター情報!

ツイッターでは、「使えそうな中国語単語やフレーズ」「中国語のおすすめ勉強方法を中心につぶやいています。

よければ、いや!よくなくてもフォローお願いします!

チュウコツ(@chukotsu_twitter)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です