中国語おすすめ勉強方法

中国語を独学でペラペラと話せるようになるための勉強法【瞬間中作文】とは?

大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter)

中国語を話すようになるのにはどんな勉強をしたらいいの?という質問を受けることがありますが、僕が強いて一つあげるとしたら「瞬間中作文」と答えます。

発音などの基礎ができていることはもちろん大前提ですが、「瞬間中作文」の数をこなしていくと中国語をペラペラに話せるようになります。

瞬間中作文のおかげで、僕も今では仕事で中国語を使い、商談できるくらいまでスピーキングが上達しました

本記事では、中国語を独学でペラペラと話せるようになるための勉強法である瞬間中作文に関してまとめました。

記事の要約

  • 話せるようになる勉強法「瞬間中作文」を説明。
  • 「瞬間中作文」は「知っている」から「使いこなせる」ようにするトレーニング。
  • 「瞬間中作文」はプロの中国語講師も推奨。
  • 「瞬間中作文」は独学で使える。
  • 「瞬間中作文」におすすめの参考書を紹介。

瞬間中作文とは?

「瞬間中作文」とは、英語上達完全マップの森沢洋介先生が提唱されている「瞬間英作文」を中国語に置き換えた勉強方法です。

参考:英語上達完全マップ

僕が英語を勉強していた際に、この瞬間英作文がすごくスピーキングにやくたつなぁーと思い、僕がオリジナルで中国語に置き換えて使用させていただいております。

瞬間中作文とは?
日本語文を見て、瞬時に口頭で中国語をスラスラと言えるようになるまで、何度も繰り返すという勉強方法。

こちらの参考書、本屋さんの英語参考書コーナーで見たことがある人も多いと思います。

この参考書の著者である森沢洋介先生は、このように言っています。

「瞬間英作文」とは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作るというものです。このトレーニングを続けることで、頭の中に英語回路が出来上がり、学校で習った「知っている英語」「使える英語」として生まれ変わります。

簡単な英文さえ反射的には口から出てこない、相手の話す英語は大体わかるのに自分が話すほうはからきしダメ、という行き詰まりを打破するのにとても効果的なトレーニング方法です!

参照:ペレ出版社「どんどん話すための瞬間中作文トレーニング」より引用

これは、中国語でも同じことが言えます。

少し例を見てみましょう。

下の日本語文を中国語文にしてみてください。

私は中国語を勉強してもう4年になります。

基本的な単語・文法で作れる文です。
(答えは下をスクロール)

 

 

 

 

 

 

 

我学中文学了已经四年了。

どうですか、うまく訳せましたか?

この中国語だけ見たらとても簡単ですよね(笑)

しかし、日本語から中国語への変換は意外と難しく、ゆっくりと確認しながらなら訳せても、瞬時に話せるようになるのは一定のトレーニングが必要です。

そのトレーニング方法が、「瞬間中作文」です。

瞬間中作文の数をこなしていくと、こういった簡単な中文はすぐに出て来るようになり、結果として中国語をペラペラに話せるようになる!へ近づいていくのです。

そして、この瞬間中作文ですが、上の例を見ていただいても分かるように特別な教材を使っているわけでもなく、中国語学校でやるようなものでもありません。
(参考書に関しては後述します)

つまり、独学でできるのです!

瞬間中作文の効果

「瞬間中作文」は、すでに頭でわかっている中国語を話す・書くなどと、実戦で使えるようにするトレーニングです。

すでに勉強してきた「発音」「単語」「文法」「リスニング」の基礎的な内容を用いて、話せるようになる!というのが一番の効果です。

単語や文法のインプット量は十分でも、それを使ってアウトプットが出来ない(話せない)というのは語学学習者でも多いですよね^^;

「瞬間中作文」は、中国語を「知っている」から「使いこなせる」ようにするトレーニングなのです。

そのため、先ずは中国語を「知っている」レベルに達していなければ意味がありません。瞬間中作文を行うだけで、簡単に中国語が話せるようになる!という魔法ではないので、その点はご了承を願います。

実は、この「瞬間中作文」という勉強法は、スピーキング以外にも「単語・文法力、リスニング力、リーディング力」とあらゆる方面へも効果があるのです。
※この内容に関しては別記事でまとめたいと思います。

 

作文は非常に効率的な勉強方法として、こちらの参考書でもおすすめされています!

中国語勉強を始めたばかりの人に読んでほしいオススメ本【最短最速で上達する中国語学習法】レビュー

瞬間中作文の効果は?
・すでに頭でわかっている中国語を実戦で使えるようにする
・中国語力全体を底上げしてくれる、時間帯効果も高い勉強法

瞬間中作文の準備

瞬間中作文に入る前に、もう一度確認したいことがあります。

確認したいこととは、発音勉強は当然ながら、単語・文法などの基礎勉強は十分に足りているか?

先ほど、瞬間中作文は中国語を「知っている」から「使いこなせる」ようにするトレーニングと言いました。

瞬間中作文の前に、発音・単語・文法などの基礎的知識を「知っている」状態でないと、前に進むことはできないのです。

中国語勉強を始めたばかりの全くの初心者の方が、いきなり瞬間中作文をやっても逆に効率が悪くなります。

先ずは発音勉強を固め、基礎的な文法勉強を終えてから瞬間中作文にトライしてみてください。

中国語発音を最短で習得するための「4つの戦略」

中国語発音の参考書【日本人のための 中国語発音完全教本】レビュー

効果に差が出る!日本人がやるべき中国語単語の覚え方

 

瞬間中作文を行うのに、日本語の対訳が記載されている参考書があることが必須条件です。

さらに、CD音声として各文の「日本語音声」「中国語音声」があると、瞬間中作文のとても効果的な勉強ができます。

例:
日本語音声:私は心からの感謝を表します。
中国語音声:我表示衷心的感谢。

「日本語音声」があると、日本語文を聞いて、反射的・瞬間的に中国語に変換できるかのトレーニング・確認を行うことができます(下記Step4)。

けど、日本語音声まで収録されている参考書はかなり少ないですよね・・・

そんな中、こちらのシリーズは瞬間中作文に適した条件を満たしています。

こちらのシリーズは、「中国語の語順を正しく理解し、日本語から中国語へ作文していくことで、スピーキング能力を高めていく」ことをコンセプトとしています。

僕は、この同じシリーズの中級を使っていたのですが、瞬間中作文をやるのにとても適した参考書としてかなり使い込んでました。20周以上は余裕でやり込んでました(笑)


こちらの画像は、僕が使っていた「口を鍛える中国語作文シリーズ」の中級版です。

見て頂いてもわかるように、見開きの左ページに日本語の短文、そしてその右ページに対訳となる中国語文が記載されています。

音声も、日本語・中国語の両方が収録されています。

瞬間中作文を行うのには、これ以上ない使い勝手の良さです!

最初は何を用意していいか分からないという方は、この「口を鍛える中国語作文シリーズ」の初級から先ずは始めると良いかと思います

瞬間中作文のやり方

それでは、瞬間中作文のやり方を詳しく見てみましょう。

瞬間中作文は、下記の5ステップで行います。

Step1 日本語文を見て中作文
Step2 中国語文を見て答え合わせ
Step3 中国語文の音読
Step4 CDの日本語を聞いて瞬間で中国語に変換
Step5 2巡目として繰り返す

Step1 日本語文を見て中作文

先ずは例文一つずつの日本語文を見て、口頭で中国語で言えるか確認を行います。

もしくは、ノートなどに書いてもokです。

いかんせん日本語文を見て、瞬間的にスラスラと中国語が言えるか?中国語が書き取れるか?を確認してみてください。

ここでの注意点ですが、長考はダメです!

すぐに中国語文が出てこない場合は、考え込まずにすぐに次の日本語文へとうつるか、次にStep2へと進んでください。

中文を出すまでに、口頭であれば10秒前後で話し始めている状態を目指してください。

Step2 中国語文を見て答え合わせ

次に対訳となる中国語文を見て、自分が言った中国語との比較を行います。

Step1でも書きましたが、中国語がすぐに出てこなかったら、すぐにこのStep2へと進み中国語を確認してください。

この時、中国語を見て「こういう言い回しかー!」「この文法を使うのかー!」などの自分なりの気づきや納得感があるか無いかも確認してください。

納得感があるようであれば、答えである正しい中国語を見て、理解していきましょう。

精読の作業です。

逆にもし、ここで中国語を見ても納得感もなく、中国語の意味が全く分からない!という状態であれば、この瞬間中作文のトレーニング方法は時期尚早で、それ以前のより基礎的な勉強をし直す必要があります

精読
中国語は読解力を上げる基礎勉強法【精読】が必須!中国語の勉強で、「音読」や「シャドウイング」を使って勉強している人も多いと思います。 https://chukotsu.com/s...
効果に差が出る!日本人がやるべき中国語単語の覚え方皆さんこんにちは。嫁氏です。 今回は私が記事を書いております。 私「嫁氏」に関しては、お時間ある方はこちらの記事をぜひご覧下...

また、とても簡単な中国語だったとしても、必ず答え合わせは必ず行ってください。

仮に細かい間違いがあり、そのまま放置していくと悪いクセとなってしまうため、後々気付いた時の修正が大変です。

Step3 中国語文の音読

ここからは、中国語を自分の口に取り込んでいく、自分のモノにしていくためのトレーニングです。

Step1と2が、瞬間中作文のさわりでもあり、それっぽい内容なので、そこだけを繰り返して満足してしまいそうですよね・・・( ;゚Д゚)ワ,ワイがそうでした

実はここからがとても大切です!

「知っている」から「使いこなせる」中国語へするために、必ず中文を繰り返し自分の口に取り込んでいくトレーニングを行います。

その口に取り込んでいくトレーニングとして、音読を行います。

中国語文を見ながら、CD音声で対象の中国語を聞き、中国語のリズムを確認しながら数回音読を繰り返します。

スラスラ言えるようになったら、中国語文を見ずに行うシャドウイングを行ってみましょう。

シャドウイングに関しはこちらの記事をご参考ください

シャドウイング
中国語のリスニングがぐんぐん上達する勉強法【シャドウイング】とは?大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter) 中国語のリスニング力を向上させる勉強方法として「ディクテーション」と...

 

音読とシャドウイングの回数目安ですが、両方合計で10回もやれば十分だと思います。

ここまで来たら、対象の中国語は自分の口に取り込めている状態です!

Step4 CDの日本語を聞いて瞬間で中国語に変換

日本語の音声がある場合は、日本語音声を聞いて瞬間的に中国語に変換していく・中国語を言うトレーニングを行います。

日本語音声がない場合は、日本語文を見て瞬間的に中国語に変換していきます。

ここで、瞬間的に中国語がスラスラ出てきたら完璧です!

その中国語フレーズは、自分のものとしてリアルな生活上でも話すことができるので、ぜひ自信を持って実践してください。

逆に、まだ中国語が出てくるのに少し時間がかかる、うまくいかない!という方でも全然問題ありません。

目標である、日本語から中国語への瞬間変換を行える姿をイメージできていれば、その箇所を課題として、重点的にトレーニングしていきましょう。

Step5 2巡目として繰り返す

Step4でうまく中国語が出てこなかった箇所を重点に、2巡目としてStep1〜4を繰り返してください。

ちなみに僕は冒頭でも少し触れましたが、「口を鍛える中国語作文シリー中級版」1冊を20巡以上繰り返しました。

中国語がある程度スラスラと楽に出てきた状態で、このサイクルを回していくと文法や語彙、中国語のリズムが、脳の長期記憶倉庫へ移動されるようになります。

そうして、中国語がペラペラになっていくのです。

何度も何度も繰り返す!

これは中国語の上達に必要不可欠なプロセスなのです。

まとめ

瞬間中作文に関して理解していただけましたでしょうか?

この瞬間中作文は僕がこれまで一番実施してきたお気に入りの勉強法です。

効果に関しては、僕も自信を持って「ある!」と言うことができるので、ぜひ参考にしていただき使ってみてください。

この瞬間中作文は、場所を選ばずに独学でできるのもおすすめポイントですよ。

瞬間中作文の初心者向けやり方に関しては、こちらの記事もご参考ください。

初心者必見!中国語を独学で話すための勉強方法【瞬間中作文】のやり方こちらの記事で「中国語を話せるための勉強方法【瞬間中作文】とは?」関して紹介させて頂きました。 https://chukotsu....

 

瞬間中作文におすすめの参考書はこの「口を鍛える中国語作文シリーズ」です!

見開きで使いやすく、音声付きなので、参考書に困ったらまずは「口を鍛える中国語作文シリーズ」を試してみてください。

 

この記事があなたの中国語学習のお役に立てたらとても嬉しいです。

 

それではまた
那我们下期再见!

ツイッター情報!

ツイッターでは、「使えそうな中国語単語やフレーズ」「中国語のおすすめ勉強方法を中心につぶやいています。

よければ、いや!よくなくてもフォローお願いします!

チュウコツ(@chukotsu_twitter)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です