中国語おすすめ勉強方法

超絶簡単!中国語の文法は英語よりも全然簡単な4つの理由!

大家好!チュウコツ(@chukotsu_twitter)です。

僕は英語もひと通り勉強してきたので、その上で言い切りますが「中国語の文法は英語よりも簡単」です。

学生時代の英語勉強で文法アレルギーになった人も多いと思います。

「語学学習=文法=難しい」という悪いイメージができあがっていませんか?(笑)

しかし、中国語はびっくりするくらい文法が簡単です。

中国語の勉強を始めたばかりの方、これから始めようと思っている方に、その簡単さを知っていただくことで、中国語学習のハードルを低くし、より楽しく活発な中国語学習に励んでほしいです。

この記事では、そんな中国語文法が簡単な理由4つに関してまとめてみました。

時制・人称による動詞の変化が簡単

まず一番にお伝えしたいことは、中国語は「時制・人称による動詞の変化がない」です!

この点が中国語を勉強していて、かなりいいなー、簡単だなー!と思うポイントですね。

英語学習で、この動詞の変化に苦労した方は多いと思います。私がそうです(´∀`)ハイ

英語の「過去形」や「現在完了形」「現在進行形」などを学校で習い、耳にしてきました。

英語の動詞の変化に関する例を見てみましょう。

例) 動詞「行く」
現在形「go」、過去形「went」、過去分詞形「gone」、進行形「going」

一つの動詞で、これだけ変化があります。

 

英語はいかんせん動詞周りの変化が多いです!

それに比べて中国語は動詞の変化はなし、変更点もとてもシンプルなのです。

進行形:正・正在・在+動詞「〜しているところ」

持続形動詞+着「〜している」

完了形動詞+了「〜した」

経験形動詞+过「〜したことがある」

このように、同じ動詞を使い、その前後に特定のマーカー(着、了など)を付け加えるだけ。

例を見てみると、こんな感じです。

例) 動詞「
現在形「」  → 行く
進行形 正在「」→ 行っているところ
完了形「」了 → 行った
経験形「」过 → 行ったことがある

動詞の変化がないので、とても分かりやすいですよね。

中国語は、これらの動作の段階ごとのマーカー(着、了、过など)を覚えておけば、あとはいつもの動詞にちょこっと付け加えるだけで、時制的な文法を用いることができるのです!

この点が英語よりもすこぶる使い勝手がいい。

中国語は、英語の「行く:go、went、gone」「飲む:drink、drank、drunk」など、一つの動詞で「現在形、過去形、過去分詞形」に分けて動詞を覚える必要がない!ってのが、超絶楽です!

 

そしてさらに、中国語は「彼, 彼女, それ など三人称単数」が主語で現在のときも、動詞は変化しません。

英語の場合、主語が「I」か「He」で動詞の形が変わりますよね。

例)
動詞「行く」I go : He goes
動詞「持つ」I have:He has
動詞「話す」I speak:He speaks

 

これが、中国語の場合は動詞の変化はありません!

例)
動詞「行く」我:他
動詞「持つ」我:他
動詞「話す」我:他

このように中国語は「一人称:私」と「三人称:彼」を主語にしたときの動詞は全く同じものが使われます。

英語は単純に「動詞+s」だけであればいいのですが、「has」に代表されるように特殊な変化があると、それだけでいちいち頭を使うので厄介でした。

時制同様に、中国語は英語と比べると動詞自体の変化がないので楽ちんです( ^ω^)

中国語は主語の違いによる動詞の変化がないので、その点を気にしなくて、同じ動詞をガシガシ使えてしまうのが超絶楽です。

疑問形の文法が簡単

中国語は疑問形の作り方がとても簡単です!

文末に「 + 吗?」でOK!

中国語は、平叙文を疑問文にするときは、文末に「 吗?」をつければできあがりです。

平叙文(ヘイジョブン)とは?

ただ単に情報や事実を客観的に伝える文のこと。

彼は中国語を話すのが好きです。
(他喜欢说中文。)

日本食は美味しいです。
(日本菜很好吃。)

彼は中国人です。
(他是中国人。)

このような感じで、物事をありのままに述べている文です。

英語のように、「Do」「Does」を付け加えたり、「語順を変えたり」する必要はありません。
今英語を振り返って思いましたが、主語に対して使い分けてる「Do」「Does」もあるので、英語はめんどいですね・・・

 

それでは、試しに上にある平叙文を使って、疑問文を作ってみましょう。

平叙文:彼は中国語を話すのが好きです。
(他喜欢说中文。)

疑問文:彼は中国語を話すのが好きですか?
(他喜欢说中文妈?)

平叙文:日本食は美味しいです。
(日本菜很好吃。)

疑問文:日本食は美味しいですか?
(日本菜很好吃妈?)

平叙文:彼は中国人です。
(他是中国人。)

疑問文:彼は中国人ですか?
(他是中国人妈?)

こんな感じです。

・・・ん!?

こう見ると、何かに気づきませんか?

そうです、中国語は日本語と平叙文から疑問形の作り方が同じですね!

「日本語:平叙文 か?」と「中国語:平叙文 妈?

これに対して、英語は先ほども少し述べましたが、「Do」「Does」を付け加えたり、「語順を変えたり」する必要があります。

平叙文:彼は日本人です。
(He is Japanese.)
(他是日本人。)

疑問文:彼は日本人ですか?
(Is he Japanese?)
(他是日本人妈?)

平叙文:彼は仕事へ行きます。
(He goes to work.)
(他去工作。)

疑問文:彼は仕事へ行きますか?
(Does he go to work?)
(他去工作妈?)

こう見比べてみても、平叙文を疑問文にするのは、中国語は日本語の作りに近くて簡単です!

疑問詞を使った疑問文

疑問詞とは英語でいう5W1H (Who、Where、What、Which、When、How)で、「誰が、どこで、何を、どっちを、いつ、どのように」と表されますね。

中国語の疑問詞をまとめます。

まずはこれら疑問詞は覚える必要があります。

では、疑問詞を使った疑問文はどのように作るのでしょうか?

疑問詞を使った疑問文の作り方もめちゃくちゃ簡単です!

私は昨日大阪でラーメンを食べました。

:我昨天在大阪吃拉面了。

この文をそれぞれ疑問詞を使って疑問文を作ってみましょう。

「誰が?」を表す疑問文

 (誰が)昨日大阪でラーメンを食べました

()昨天在大阪吃拉面了

「どこで?」を表す疑問文

あなたは昨日 (どこで)ラーメンを食べました

:你昨天在(哪里)吃拉面了

「いつ?」を表す疑問文

あなたは (いつ)大阪でラーメンを食べました

:你(什么时候)在大阪吃拉面了

 

見ていただいて分かるように、疑問詞を使った疑問文も、尋ねたい部分を対象の疑問詞に置き換えるだけです。

日本語と同じ感覚で疑問文を作ることができるのです。

中国語の疑問文の作り方は、「平叙文からの疑問文」「疑問詞を使った疑問文」共に、訪ねたい部分をそれに対応する 「吗?,谁,哪里,什么时候」などに置き換えるだけでOK!

中国語は敬語が少ない

中国語にももちろん敬語はあります。

先ずはじめに目にするのが「你」と「您」ではないでしょうか。

「あなた」と「あなた様」的な感じかな。

ただ、ビジネスの書面などでは目にすることはあっても、日常での使用頻度は必ずしも高くはありません (僕調べ)。

中国語は日本語にあるような敬語の体形はありません。

例えば、下の2つの日本語を中国語に訳すと同じになる。

先生が来た。→ 老师来了。

先生がいらっしゃった。→ 老师来了。

当然、前後の脈略では敬意を含んだ言葉や、丁寧な表現を使って区別することができます。

しかし、中国語学習初心者の方は、敬語に関して特に気をつけなくていいと僕は思っています。

日本語は敬語がとても繊細です。「尊敬語、謙譲語、丁寧語」など、とても細かいですよね・・・

これに気をとらわれ過ぎて、中国語を喋る(アウトプット)のがおろそかになる位であれば、敬語は気にせずどんどんアウトプットして、中国語を喋る練習をした方が断然効率的です。

中国語の敬語は日本語ほど細かくない。初心者の方は、敬語を気にしないで、先ずは喋れる分だけどんどん喋って、スピーキング力を高めるのが効率的。

※中国語も当然敬語は存在します。特に「書き言葉」はとても多いです。

中国語は語順がバラバラでもOK

最後に、語弊を恐れずに言うと、中国語は文法の語順がバラバラでもOKです( ・`ω・´)キリッ

これは「基本文型を理解している」ということが大前提です。

中国語の基本文法書にある内容は一通り勉強してください。決して、「中国語は文法を勉強しないでもOK」という事を言っているわけではありません!

それでは、バラバラでもOKと言う一つの例として、「目的語の位置」をあげてみます。

私は 寿司を 食べたことがある。

:我 吃过 寿司

この文だと、目的語は「寿司」です。

この「寿司」の位置を変えてみます。

寿司 我 吃过。

:我 寿司 吃过。

このように、「目的語」を主語の前である文頭に持ってきたり、主語と動詞の間に持ってきたりしても、意味合い的には通じます。

中国語は文のレベルだと、割と自由な側面があります。

 

「副詞」や「不」など、語順を特に気をつけなければならない文があるのも事実です。

先ほども言いましたが、中国語の基本文法書にある内容は一通り勉強することをおすすめします。

中国語の文法は、こちらの参考書にある内容を一通り勉強した状態を目指してください。

Why?にこたえるはじめての中国語の文法書

Amazonでのリンクはこちら

この文法書の中にも、このようなアドバイスがありました。

中国語の文法はまだ、英語のように細かいところまできちっとしているわけじゃない。だから、この本に書いてあることも、細かなところまでしゃかりきになって覚える必要はない。そんなことは誰にもできない。ざっと見る、忘れたらそれでいい。忘れるのは大したことじゃない。本当に大事なことというのは人間覚えるもの。

参照:Why?にこたえるはじめての中国語の文法書p195より引用

基本的な文法勉強は必須。しかし、中国語の文法は英語ほど細かく整備されていない。目的語に代表されるように、語順を少しくらい変えても意味は通じる。文法勉強に対して、ネガティブイメージを持ち過ぎず、忘れてもいいので先ずは文法書を一通り勉強してみよう!

最後に

どうでしたか?

中国語の文法は簡単そうでしょ?

文法の細かいことは、それぞれの参考書に譲るとして、この記事では「中国語の文法って難しくないんだ!」「英語より簡単そう!」などと、中国語勉強に対してポジティブなマインドになっていただきたく、まとめました。

そのマインドで中級レベルまでは突き進むことができます。

中国語は文法がとても大切で、少しでも間違ったら意味が変わり大変なことになる!とても難しい!と言うような負のマインドにならずに、文法勉強に取り組んでくださいね。

この記事があなたの中国語学習のお役に立てたらとても嬉しいです。

 

それではまた
那我们下期再见!

ツイッター情報!

ツイッターでは、「使えそうな中国語単語やフレーズ」「中国語のおすすめ勉強方法を中心につぶやいています。

よければ、いや!よくなくてもフォローお願いします!

チュウコツ(@chukotsu_twitter)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です