オンライン中国語

【無料体験&70%OFFでお得!】産経オンライン中国語を実際に使ってみたレビュー!

大家好!チュウコツです(@chukotsu_twitter)

今回、8社目となる中国語オンラインスクールを実際に使ってみました。

それが、こちら「産経オンライン中国語」!

ちょっと要注意!な点もあるのですが、お得な情報もあるので、

こんな方はぜひ参考にしてみてください!

  • 中国語オンラインスクールを探している、興味がある
  • CCレッスンなど安価系スクールは自分に合わない
  • オンライン英会話と合わせてお得に使いたい

 

▼中国語オンラインスクールの比較まとめ記事はこちら

【2022年6月最新】中国語オンラインスクール8社をユーザー目線で徹底比較してみた!オンライン中国語スクール8社を比較しました。僕が実際に使ってみて感じた、各社の使い勝手、料金、良い点・悪い点などを比較し、自分に最適なスクールを迷わず、時間をかけず選んでいただけるようまとめています。...

産経オンライン中国語の特徴

産経オンライン中国語は、「産経オンライン英会話 Plus」という産経グループが提供しているオンライン英会話の一部に、中国語がある感じです。

ですので、英会話がメインのオンラインスクールですね。

中国語のボリュームはまだまだ小さいですが、英会話は、口コミもいいのでこれからが楽しみなスクールです!

料金プラン

産経オンライン中国語は、他のオンラインスクール同様、「入会金無料」です。

その他にも、教材費無料(マイページからPDFダウンロード)、レッスンレポートなどがサービスとして含まれています。

肝心の料金は、「チケット」か「コイン」を購入する方法がありますが、どちらにしても1レッスン単価は「2,000円」程度です。

※1レッスン=25分

■チケット制

5枚(有効期限1ヶ月) 11,000円=1レッスン2,200円
10枚(有効期限2ヶ月) 20,900円=1レッスン2,090円
15枚(有効期限3ヶ月) 29,700円=1レッスン1,980円

※価格は税込表示

■コイン制

参照:産経オンライン英会話プラスHP料金プラン

中国語の先生は、1レッスン200コイン必要。

ですので、「プラン620」の場合には6,380円で、毎月620コインが付与され、1回のレッスンは約2,000円

コイン制だと、英会話とも兼用で使うことができるのがメリットです!

英会話向けフィリピン人の先生だと、1レッスン=20コインなので、中国語と比較するとかなり安いですね。

中国語ネイティブの先生と教材

産経オンライン中国語は、「ctalk」という中国でオンライン中国語を提供する企業と提携しています。

自前ではなく、中国で日本人向けに中国語を教えている企業と提携し、効率化を図っているんですね。

なので、先生、教材は「ctalk」を活用し、オンライン中国語のレッスンを提供しています。

産経オンライン中国語の先生

  • 2年以上の授業経験あり
  • 日本語能力試験2級以上

僕が実際に授業を受けてみた感想は後述!

 

産経オンライン中国語の教材

  • 全てオリジナル教材
  • レベル別に324種を用意
  • イラスト中心でわかりやすい

実際の教材は、こちら

産経オンライン中国語は、このようなレベルに分け、教材を使い授業を進めていくんです!

授業は、全てマンツーマンレッスンのみのサービスになります。

産経オンライン中国語を使ってみた率直な感想・評判

無料体験を含め、4回分のレッスンを受けてみた率直な感想は、

安価系(CCレッスンなど)と品質重視系(ベルリッツ)の中間!

という感じです。

この間にあるような立ち位置ですね。

良くいうと、両方のいいとこを取り、中間(落としどころ)をとったオンラインスクール。

悪くいうと、中途半端(笑)

「価格が安くも、高くもなく」、「質が特に良くも、悪くもない」とも取れますね(汗)

その中で、僕が感じた「良い点、悪い点」をまとめてみましょう。

スポンサーリンク

産経オンライン中国語の良い点

産経オンライン中国語を使ってみて「ここがめっちゃいい!」と感じた点をあげるとこんな感じです!

  • 先生の教え方がうまい
  • PC・スマホの操作性がいい
  • マイページが便利

それぞれ詳しくみてみましょう。

先生の教え方がうまい

中国現地で、日本人向けに中国語を教えている先生なので、教え方はとてもうまいなぁと思います。

そして、人柄のよさも感じますね!

こちらの要望に応じて、それを徹底して授業を進めてくれます。

僕は全てフリートーク、中国語のみで、発音・文法の間違いがあったらどんどん修正をお願いしていました。

フリートークで話が盛り上がった中でも、僕のよくない発音は都度指摘してもらえました。

先生の中には、ただ話す(おしゃべり)だけで終わってしまう人もいますが、産経オンライン中国語の先生は、「教える!指導する!」という姿勢を感じます。

この点は、CCレッスンなんかの安価なスクールの先生というより、「中国語講師」と言った方がいいかもです。

PC・スマホの操作性がいい

産経オンライン英会話の知見もあり、PC・スマホを使った、予約から、授業までの操作性は抜群にいいです!

HPに中国語むけの動画が用意されていたので、詳しくはこちらを参考にしてみてください。

2分でまとまっています!

最初は「HPがごちゃごちゃしてるなー」と感じましたが、使ってみるとすごく使いやすくて便利でした!

マイページが便利

先ほどの操作性がいいに関連しますが、マイページも超便利です。

各レッスンごとに、下記内容が見やすくまとめられてるのがとてもグッド!

  • レッスン概要(日時、消費コイン、スタイル)
  • レッスンレポート
  • 評価(自分が先生に対する)
  • レッスンメモ
  • チャットログ

特に「チャットログ」は、レッスン中にお互いが打った文字の履歴を確認することができるのです。

こんな感じで、授業でやりとりした内容を見返して、復習することもできます。

Skypeを使ったオンラインレッスンだと、わざわざPC開けて、Skype立ち上げて、対象の先生との履歴を確認しなければならないので、この点はとても便利!

こんな使いやすさも含めて、産経オンライン中国語のマイページは、PC、スマホでとても便利に使えます。

産経オンライン中国語は、オンライン通信ツールを自前で用意しています。
※要望があればSkypeも使用可!


産経オンライン中国語の悪い点

逆に悪い点はどうでしょうか?

ズバリ!言うとこんな感じです。

  • 先生が少ない
  • レッスンの時間帯が狭い
  • 価格帯が微妙(高い)
  • 無料体験レッスンの期間が超短い

この4点ですね。

先生が少ない

まぁ圧倒的に登録している、実際に稼働している先生は少ないです。

2021年12月現在で、中国語で登録されている先生は9名

1日あたりで稼働している先生は4名程度でした。

かなり少ないですね。

「ctalk」に登録している先生自体が少ないのか、今のところはこれが現実です。

オンラインレッスンは、自分に合う合わないと、先生との相性も大事なので、その選択肢が少ないのは心もとないと感じました。

レッスンの時間帯が狭い

CCレッスンは、朝6時から深夜24時半までレッスンを受けることができますが、産経オンライン中国語は時間帯狭いです。

ホームページ上のレッスン開講時間:

月曜 / 水曜 / 金曜 20:00~ / 20:30~ / 21:00~ / 21:30~
土曜 / 日曜 0:00~ / 10:30~ / 11:00~ / 11:30~
20:00~ / 20:30~ / 21:00~ / 21:30~

実際は、もう少し幅広く、「火曜日の11時30分〜」などのレッスンもあります。

それでも、「朝の6時〜」や、「夜中の12時〜」なとはないので、時間帯は狭くて、限られてしまいます。

価格帯が微妙(高い)

料金プランで紹介したように、産経オンライン中国語のレッスン料金は、1レッスン単価「2,000円」程度です。

CCレッスンなどの安価スクールだと、「毎日25分プラン」で「税込9,790円/1ヶ月」

なので、1レッスン単価「315円」!

それと比較すると高いですね。

その分先生の質が高く、初心者向けの教材も用意されているので、「入門から初級者が中国語をしっかりと学ぶ!」層のニーズはしっかりと応えてくれると思います。

その一方で、「とにかく会話を中心にたくさん中国語を話したい」という、中級から上級者はCCレッスンなどがおすすめです。

▼CCレッスンのレビュー記事はこちら

CCレッスン100回使った感想を率直にレビュー!中国語オンラインスクール内での評判は?中国語オンラインスクールの中でも人気の高い「CCレッスン」を実際に100回以上使ってみたので、僕の率直な感想、良い点、悪い点をまとめました。中国語オンラインスクールの使用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。...

無料体験レッスンの期間が超短い

※コレが意外と盲点なので、要注意です!

産経オンライン中国語にも、無料体験レッスンのサービスはありますが、使用できる期間が短いです!

無料体験の予約対象期間は、アカウント作成から4日間のみ!

つまり、12月1日にアカウント作成したら、12月4日までに無料体験レッスンを受けなければなりません。

※12月4日までに、無料体験を申し込むのでなく、無料体験レッスンを受けなければならないのです!

アカウントを作成すると、マイページに「チケット」という欄があるので、そこから無料体験を予約する形です。

中国語の場合は、この無料体験チケットが1枚しかなく、かつ有効期間も4日間という厳しい条件なのは、トライアルユーザーに優しくないですね。。。

ある意味お尻を叩いてもらっている感は出ますが。

スポンサーリンク

まとめ

産経オンライン中国語は、安価系(CCレッスンなど)と品質重視系(ベルリッツ)の中間に位置するスクールです。

個人的に、こんな人におすすめです

  • 入門者から初心者
  • CCレッスンは合わなかった
  • 発音からしっかり学びたい
  • 英会話と一緒に使いたい

CCレッスンやネトチャイなどの安価系スクールが、自分に合わなく、もうちょっとしっかり学びたいな!

という方は、産経オンライン中国語をぜひ試してみてはいかがでしょうか?

安価系スクールよりも、価格は上がりますが、その分、質の高い先生と、落ち着いて中国語を学ぶことができます

無料体験レッスンもあるので、まずは自身でその使い勝手や、合う合わないを試してみるといいですよ。

アカウント登録から無料体験レッスンまでの詳細は、こちらの動画で簡単にまとめてくれています(2分で!)。

 

それと、会員登録後は5日間限定の70%OFFクーポンがもらえるので、とてもお得!

対象プラン

プラン620:通常 6,380円     → 1,914
プラン1240:通常 12,100円 → 3,630

プラン620なら「3回」、プラン1240なら「6回」のオンライン中国語レッスンを受けれるから、1レッスン約600円!

無料体験レッスンから、この70%OFFクーポンを使えば、かなりお得に使うことができますね!

中国語オンラインスクールを探している方は、ぜひ今すぐお得に試してみてください。

 

無料体験レッスン、70%OFFのクーポン有効期間は短いので要注意ですよ!

 

僕が実際に使ってみた、その他中国語オンラインスクールとの比較記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください!

▼中国語オンラインスクールの比較まとめ記事はこちら

【2022年6月最新】中国語オンラインスクール8社をユーザー目線で徹底比較してみた!オンライン中国語スクール8社を比較しました。僕が実際に使ってみて感じた、各社の使い勝手、料金、良い点・悪い点などを比較し、自分に最適なスクールを迷わず、時間をかけず選んでいただけるようまとめています。...

 

この記事が中国語学習のお役に少しでも立てたら嬉しいです。

それではまた
那我们下期再见!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。